姫路一美味しくお酒が飲めるスコティッシュ パブ・ホサンナ   | ホサンナ姫路駅北店 | 肉バル ホサンナ姫路駅南店 | 

ホサンナ|姫路市
079-288-3299

ホサンナ|メインページ
ホサンナ|連絡先


What’s Public House Hosanna ?

パブリックハウス・ホサンナとはブリティッシュスタイルの本格的PUBです。
人々の暮らしにやすらぎを提供し、まちを元気にします。 Hosannaとは聖書の言葉(ヘブライ語)で「栄光あれ」という意味です。ホサンナに訪れて頂いた皆様に栄光あれ・・・

「制服」伝統衣装へのこだわり

「英国」と言って、皆さんがまっさきに思いうかべるものといえば、タータン・チェックのキルトを身につけ、バグパイプを吹く男性の姿。そのどちらもが、もともとはスコットランドのものです。
スコットランド民族衣装「キルト」
男性が腰に巻いて身につける (決して「スカート」といわないで下さい。)、服のことです。 日本人の袴(はかま)をスカート、着物をワンピースやガウンと呼ばない様に、キルトはキルトなのです。
映画『ブレイブハート』をご覧になった方は、 主人公たちの格好がそうです。もともとが1枚のウール地なので、 雨が降ったり寒かったりしたときには 肩のピンをはずして頭や上半身に巻きつけたり、 寝るときには毛布にしてくるまったりと、 なかなか便利だったようです。
また、よく皆さんがキルトを見て言うのは、「キャンディ・キャンディ」ではないでしょうか? 丘の上の王子様やアンソニーがキルトを着てバグパイプを演奏しています。
そして、キルトと切っても切り離せないのが “戦い” です。キルトは、勇猛果敢なハイランダー(スコットランドのハイランド氏族)達を中心に着用されていた衣類です。各タータン柄は、それぞれの氏族のアイデンティティーを示し、又キルトというスタイルは反イングランド、反中央集権的な反逆スピリッツの象徴でした。
今もスコットランドで代々愛され続けているキルト。ホサンナでぜひスコットランドの歴史を感じてみてください。
ホサンナではそんな戦闘服を着て、社会で戦っている企業戦士達を応援します!!!